★出産祝いベビーブランド★
ミキハウス、ラルフローレン、サッシー、ローラアシュレイ、マクラーレン、プチバトー、トミーヒルフィガー、カーターズ・・・

トップページ出産祝い−常識、マナーお祝い金、偶数はタブー?【出産祝いデータハウス】





出産祝い−常識、マナー

お祝い金、偶数はタブー?

冠婚葬祭のタブーって恐いですよね。
「知らない」と恥をかくことも・・・。
今回は、昔から言われるマナーについて書きます。

お祝い金などのマナーとして、偶数のお札は「切れる」「割れる」に通じる物なので特に結婚式などの御祝い金ではタブーとされてきました。

○ですから、2万円の場合は1万円札1枚と5千円札2枚とかで無理やりお札の枚数を3枚にしていました。

○しかしながら、最近ではそうしたマナーを重んじる方は少ないようですし、若い世代はそういったマナーを知らない人が大半だと思います。

○ですから、相手にもよりますが、あまり「偶数はダメ」にこだわらなくても良いと思います。実際には2万円という額ってとても多く使われますしね。

○どうしても気になるようでしたら、前述のように、1万円札1枚+5千円札2枚=3枚という形で包みましょう。

【出産祝い情報:出産祝いデータハウス】
 
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ようこそ!
【出産祝いデータハウス】
出産祝いに関するブログです。ゆっくりとご覧ください。

出産内祝いギフト売れ筋ランキング

出産祝いグッズ