★出産祝いベビーブランド★
ミキハウス、ラルフローレン、サッシー、ローラアシュレイ、マクラーレン、プチバトー、トミーヒルフィガー、カーターズ・・・

トップページ人間は考える葦(コラム)少子化問題を考えてみる【出産祝いデータハウス】





人間は考える葦(コラム)

少子化問題を考えてみる【出産祝いデータハウス】

○「子供を作りたくない。」「子供は1人でいい。」
なぜそう思う人が増えたのでしょうか。

○もちろん、いろんな要因があり、単純明快に「これが原因」というのはないのでしょう。

○ちなみにウチは、2匹、いえ2人の子供がいます(笑)。
できることなら、3人目も4人目も欲しいと思っています。
そう思えるようになったのは、実は最近のこと。

○考えてみると、ママさんサークル(子育てサークル)に入ってからです。

○近くのショッピングセンターの中に誰でも自由に入れる子供向けの行政施設があります。サークルはそこに集まったママさんたちから始まりました。
そこでは、知らないママさん同士の会話が気軽にできるだけでなく、専門員も配置されていていろんな相談もできるようになっています。

○子育てって奇麗事じゃない部分がたくさんありますよね。

○時には子供をぶん殴ってやりたいこともありますし、首を絞めたくなることもあります(笑)。子供を放って1人きりになりたいことは毎日のようにあります。もちろん、子供は宝物ですし、あの笑顔を見ると心癒され幸せを感じますが、逆にイライラ、ストレスの原因でもあります。

○それでも、もう1人欲しい、あと2人欲しいと思えるのは、きっと同じ立場の他のお母さんたちと、情報交換できたり、話すことによって苦痛を和らげられたり、一緒に気分転換の食事に出掛けたり、子供に関する各種の悩みは誰もが持っていることを知ることができたりするからだと思うのです。

○同じ悩みを共有できる人が近くにいるって、すごく心強いんですよね。

○また、その仲間たちの間では、子供がたくさんいることは良いこと、有難いこと、楽しいこと、出産は目出度いこと、幸せなこと、という雰囲気が溢れています。当たり前のことですが、大事なことだと思うのです。

○3人目、4人目の赤ちゃんを授かった人などに「○○さんも早く次の子作りなよ〜!」なんて言われると、「あぁ、私も次の子が欲しい。」なんて自然に思ってしまうものです。

○そういう雰囲気って大事なのではないでしょうか。

○そういう雰囲気が街に溢れてくれば、もっと子供は増えると思います。
実際に、ウチのサークルは平均出生率を大きく上回っています。

○そういう雰囲気づくりをもっともっと街全体、地域全体、国全体でやっていけば、もしかして出生率も少しは上るんじゃないかなぁ〜と思う今日この頃です。

 
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ようこそ!
【出産祝いデータハウス】
出産祝いに関するブログです。ゆっくりとご覧ください。

出産内祝いギフト売れ筋ランキング

出産祝いグッズ