出産祝いギフト売れ筋ランキングはコチラ!





人間は考える葦(コラム)

ベビーカーのマナーについて考えてみる【出産祝いデータハウス】

○ベビーカーのマナーが叫ばれてから久しいこの頃ですが、相変わらず賛否両論、難しい問題です。

○よく言われるのは、電車やバス、階段やエレベーター、ショッピングセンターやレストランでのベビーカーのマナー。周りの人の迷惑を考えて折りたたむべきか否か、が問題の中心のようです。

○否定的な意見としては、「ベビーカーをひいたお母さんが集団で狭い場所を歩くのはちょっと・・・」「おんぶするなどして工夫して欲しい」といった意見から、「赤ちゃんがいるからといって優先されるのはおかしい」というような無茶苦茶な意見まで。

○一方、「実際に長時間おんぶして歩くのはきつい」「荷物を持ちながら子供を抱っこしてベビーカーを折りたたんで抱えるのは難しい」「小さい子が3人を連れて歩くのに絶対無理」といったお母さんの現実的な意見も多くあります。

○ちなみに、ウチはどうしていたかというと、都会に住んでいた時は、ワンタッチで片手で折りたためるB型ベビーカーをセカンドカーとして買って、人の多いところではなるべく折りたたんでいました。(現在は田舎暮らしなのでドカンとしたA型ベビーカー中心ですが。)

○特に、電車やバスでは気を遣いましたね。やっぱり、赤ちゃんがいるとはいえ、我が物顔で人の迷惑をかえりみずベビーカーを横行させるのは良くないと思います。

○思うのは、お母さんが思っているほど赤ちゃんを「可愛い」「神聖なもの」と考えない人達もたくさんいるということ。赤ちゃんを体験している人は自然と理解できるのでしょうけれど、そうでない人も多いということを認識するべきかも知れません。

○ペット好きの人が、散歩中に自分のペットが他の人にすがり付いているを止めさせないことありますよね。「自分が可愛いものは他の人も可愛い」と勘違いしているのではないでしょうか。

○赤ちゃんとペットを同じに扱うのも変かも知れませんが、「自分が可愛いものは他の人も可愛い」という考えを捨て、ベビーカーを使う時には常に周りの人に配慮するよう心がけています。

○それに、自分が出来うる限りの配慮をしていれば、自然と周りの人が助けてくれるものですよね。ホント不思議とそうなります。荷物が多い時などは電車で席を譲ってくれたり、乗り降りの時に運ぶのを手伝ってくれたり。

○でも、もしも混雑しているのに「赤ちゃんがいるんだから当たり前でしょ!」と言わんばかりに(そういうのって顔に出ますからね〜)ベビーカーを堂々とふんぞり返らしておけば、当然周りの人は助けてくれません。助けないどころか、「冗談じゃないよ、赤ちゃんがいるからって、なに威張ってんの?」って思われかねないですよね。

○やっぱりそういう意味でも、マナーうんぬんよりも大事なのは気持ちの問題、思いやりの問題なのだと思います。

○お互いが周りに配慮し、思いやりを持った行動をしていれば、ベビーカーのマナー問題なんてなくなるんじゃないでしょうか。こんなのが問題になっていること自体、寂しいことだと思っちゃいますね〜。

○さて、あなたはどう思いますか?

 

少子化問題を考えてみる【出産祝いデータハウス】

○「子供を作りたくない。」「子供は1人でいい。」
なぜそう思う人が増えたのでしょうか。

○もちろん、いろんな要因があり、単純明快に「これが原因」というのはないのでしょう。

○ちなみにウチは、2匹、いえ2人の子供がいます(笑)。
できることなら、3人目も4人目も欲しいと思っています。
そう思えるようになったのは、実は最近のこと。

○考えてみると、ママさんサークル(子育てサークル)に入ってからです。

○近くのショッピングセンターの中に誰でも自由に入れる子供向けの行政施設があります。サークルはそこに集まったママさんたちから始まりました。
そこでは、知らないママさん同士の会話が気軽にできるだけでなく、専門員も配置されていていろんな相談もできるようになっています。

○子育てって奇麗事じゃない部分がたくさんありますよね。

○時には子供をぶん殴ってやりたいこともありますし、首を絞めたくなることもあります(笑)。子供を放って1人きりになりたいことは毎日のようにあります。もちろん、子供は宝物ですし、あの笑顔を見ると心癒され幸せを感じますが、逆にイライラ、ストレスの原因でもあります。

○それでも、もう1人欲しい、あと2人欲しいと思えるのは、きっと同じ立場の他のお母さんたちと、情報交換できたり、話すことによって苦痛を和らげられたり、一緒に気分転換の食事に出掛けたり、子供に関する各種の悩みは誰もが持っていることを知ることができたりするからだと思うのです。

○同じ悩みを共有できる人が近くにいるって、すごく心強いんですよね。

○また、その仲間たちの間では、子供がたくさんいることは良いこと、有難いこと、楽しいこと、出産は目出度いこと、幸せなこと、という雰囲気が溢れています。当たり前のことですが、大事なことだと思うのです。

○3人目、4人目の赤ちゃんを授かった人などに「○○さんも早く次の子作りなよ〜!」なんて言われると、「あぁ、私も次の子が欲しい。」なんて自然に思ってしまうものです。

○そういう雰囲気って大事なのではないでしょうか。

○そういう雰囲気が街に溢れてくれば、もっと子供は増えると思います。
実際に、ウチのサークルは平均出生率を大きく上回っています。

○そういう雰囲気づくりをもっともっと街全体、地域全体、国全体でやっていけば、もしかして出生率も少しは上るんじゃないかなぁ〜と思う今日この頃です。

 
ようこそ!
【出産祝いデータハウス】
出産祝いに関するブログです。ゆっくりとご覧ください。

出産内祝いギフト売れ筋ランキング

出産祝いグッズ